【デマ注意】緊急時に出たデマをまとめました

トイレットペーパーやティッシュペーパーの買い占めといい、デマが蔓延したよね

各省庁や関連機関もデマに注意するよう喚起しているよ

デマはどうして広がってしまう?

悪気のない拡散がデマを助長してしまうんだ

引用:https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/eq/

デマをデマと気付かず、そのまま拡散してしまうケースが多いです。

Twitterなどでは拡散するスピードも早く、その手軽さからデマを広げてしまう可能性が高いです。

一度その情報が確かなものか考えてから発信しよう

熊本地震の時にもデマが…

この“ライオン”ツイートした人は逮捕されたよ

こういった事態では何が正しいのかしっかり精査しないとね

ポイント

✔️悪気なく拡散してしまう

✔️悪質なデマは逮捕される

新型コロナウイルスで蔓延したデマ

色々なデマが回ったよね

トイレットペーパーが不足?

トイレットペーパーやティッシュペーパーは国内で生産していますので、品薄になりません。

品薄状態を作って、高く転売しようとする“転売屋”の仕業と言われています。

最もらしく見える情報だけど、デマなんだね

医療に関するデマ

新型コロナウイルスはエンベロープウイルスなので、アルコールは効きます。

また、エアロゾル感染と空気感染は別のものです。

根拠も一緒に提示しよう

店にデマも…

この店では「新型コロナウイルス感染者が店を利用した」とデマが流れ、休日の客数が半減しました。

デマ情報により売上が大幅に減り、営業休止を余儀なくされる店も出始めています。

お店は死活問題、安易に情報を拡散しないように

イギリスで「5Gでコロナ拡大」デマ

イギリスでは次世代高速通信「5G」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響しているというデマが広がり、基地局が放火されるなどの事件が起きています。

イギリス国内では「5Gは人の免疫を抑え込むため、ウイルスに感染しやすくなる」といったものや「5Gの技術を使い、ウイルスがどういうわけだか伝染する」といったデマが流れています。

デマは日本だけじゃないんだね

緊急事態宣言デマ

4/1から緊急事態宣言によりロックダウンに入るというデマが拡散されました。

政府からもデマの否定があり、こういった買い占めを助長するデマが数多く流れています。

和田政宗参議院議員が「デマ注意!」と喚起しました。

根拠が本当にはっきりしてないよね

花こう岩が効果あるというデマ

ウイルスの分解に即効性がある」などの情報がSNSで拡散されたのをきっかけに、インターネット上のフリマサイト「メルカリ」ではここ数日、「花こう岩」などの石が数多く出品されています。

実際に商品ページを開くと「ご高齢の方やご病気の方がいらっしゃり、コロナウイルス対策が必要なかた。よかったらどうぞ」などと記されたものもあります。

ちょっと考えれば分かりそうなデマですが、時としてこういったデマも拡散されてしまうのです。

これを信じる人がいる方が驚き

ポイント

✔️デマによって損失がある場合がある

✔️デマにより買い占めが起きる

✔️転売屋が意図的にデマを流すことも

省庁がメディアに反論

省庁がメディアを名指しで反論して騒ぎになったんだ

3/5に厚生労働省はテレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」をツイッターで名指しで反論しました。

これについて野党が「言論統制だ」と批判しましたが、それを受けて安倍首相はこう答弁しました。

「報道機関がさまざまな情報を発信するのは望ましいところだが、情報は正確なものでなければならない。誤解を招きかねない情報に関連して、関係省庁が政府側の情報や考え方、事実関係を発信した」

出演者がマスク供給について「まずは医療機関に配らなければだめ。医療を守らなければ治療ができないから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく」というコメントに、厚労省は「厚労省では、感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行った」と反論しました。

政府の反論は異様だったんだね

ポイント

✔️政府が情報番組に名指しで反論した

✔️言論弾圧だと批判があった

デマに騙されないために

大きな事故や地震、疫病などの災害が発生すると、インターネット上ではメールやSNSなどで、様々な情報が大量に飛び交います。

しかし、こうした情報の中には真偽のわからない、いわゆるデマ情報が含まれています。

こういった状況下では不安が続き、情報が錯綜しデマや誤った情報が拡散しやすくなります。

根拠があやしい情報はむやみに拡散せず、一旦自分の中で考えて、デマかもしれない情報の拡散に加担しないよう注意しましょう。

みなさん、デマを拡散しないよう注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です